« 千恵さん | トップページ | 明日の準備 »

千恵さんに教えてもらったこと

結夏です。
学校から帰ってきて すぐに元気王国と言うところに行きました。
ダンスのフリを考えていました。
5時に帰ってきたら すっごく疲れて 寝てしまいまいした。
目が覚めたら 6:45・・・セーフです。
お姉ちゃんはご用事でいなかったので ママと2人で千恵さんの番組を見ました。今日は泣かないで見ようね。って言っていたのに やっぱり泣きました。
本田美奈子さんの時もそうだったけど・・・どうして?っていうくやしい気持ちになります。頑張っているのに 悪いことをしていないのに 周りの人もみんな元気になることをいっぱいお願いしているのに まるで バツのように 苦しみと悲しみを味わうなんておかしいと思うからです。
自分や人におこる事は みんな意味のあることなんだって ママは言うけど、そうなんだ・・・って納得はできないです。

死んでしまうと 体はなくなる。でも心に残してくれたものは残るって 教えて下さった方がいます。
そのことは そうだと思います。ひいおじぃちゃんと ひいおばぁちゃんが 天国に行っていなくなっちゃったけれど ママの心には残っていることがたくさんあって 悲しい時やつらい時は 心に残っていることが助けてくれるそうです。結夏も 飾ってあるひいおばあちゃんのお写真を見ると うれしい気持ちになるから それは本当だなって思います。

千恵さんも 天国に行ってしまったけれど 結夏は千恵さんのことを知って
毎日の当たり前なことは 当たり前じゃないんだとわかりました。
そのことが 結夏の心に残った 千恵さんから教えてもらったこと。

お姉ちゃんが帰ってきて 一緒に遅い夕飯を食べながら ご飯が食べられることも当たり前じゃないことなんだから・・・とおもいました。
私はなんでもできる元気な体があるから がんばったらなんでもできるかもしれないと思います。

お病気なんてなくなればいい。そのためにも 検査がとっても大切です。
毎日のお食事やすいみんも大切です。
これも 千恵さんが教えてくれたことです。すぐに忘れて当たり前に思っちゃうけど また 思い出さなきゃいけないことです。

|

« 千恵さん | トップページ | 明日の準備 »

コメント

生きてるだけで丸儲け     明石家さんま

改めて認識させられました!
しかし、忘れてしまう事が多いんですよねsad

投稿: いとさん | 2008年5月 7日 (水) 21:57

本当に素晴らしい話でした。命の大切さを改めて感じました。happy01何も悪い事してないのになぜ死なないといけないのか本当に悔しい気持ちになります。でも心の中で生き続けているというのはその通りだと思います。千恵さんの病気に一生懸命向き合っている旦那さんの姿もかっこよかったです。happy01俺も毎日当たり前の事が当たり前にできるありがたみを忘れてしまい、つい不平不満ばかり言ってしまっている事がたくさんあるので、千恵さんが教えてくれた事絶対忘れてはいけないですね。生きるために精一杯頑張っている人がいる、だから元気な俺は何事に対しても全力でやり抜いていかないといけないと思います。run みんなが病気にならずに元気で過ごせる世の中であってほしい、俺も本当にそんな気持ちです。happy01

投稿: ヒロキ | 2008年5月 7日 (水) 22:08

ぼくが今まで生きてきた中にも、
ぼくと同じ学年に生まれながら、
1人だけずっと7才3ヶ月の
ままで止まってしまっている
男の子がいます。

ぼくが小学校のとき、お世話に
なったことのある女性の先生の
息子さんなんですが、気の毒な
ことに3才半で、『急性骨髄性
白血病』という、不治の病を宣告
され、4年近くの闘病生活の末、
小学校1年生の1月に、とうとう
逝ってしまいました。それが
先ほど申し上げた「7才3ヶ月の
ままで」というわけです。

それでその先生は、ぼくらが小学校を
卒業するときの『卒業文集』の寄せ
書きに「みなさん、先生の子供の分まで
長生きしてね」というようなメッセージを
残されました。

もし、その男の子が健在なら、ひょっと
すると、ぼくはどこかで出会って、
ひょっとすると、今ごろ一緒にまよゆな
ちゃんの応援をしているかもしれないと
思うと、ぼくも残念で悲しいです。

本田美奈子さんについても、ぼくらと
タメに近かっただけに、今から2年半
前に、白血病で力尽きたときは、
ショックでした。(天使のような歌声
だったのが、なにも自身が天使に
ならなくても…)という無念さが
こみ上げてきたものです。

この日記を読んでいて、命の大切さを
改めて再確認しようと考えています。

投稿: ダイヤ紋土 | 2008年5月 7日 (水) 22:30

いとさん
生きていたらなんでもできる。
いつもは 努力もしないで むり!って思っちゃうけど
今日はやらなきゃいけないって おもいました。

ヒロキさん
そうなんです。
そう言いたかったんです。
上手に文にできなかったけど ヒロキさんのコメントのことを言いたかったんです~~weep

ダイヤ紋土さん
病気は特別なことって思っていたけど 自分のまわりにも おもうよりあることなんだとわかりました。
残された家族や友達もみんな 悲しくてつらいけど むだにしたらいけないっておそわって いきているのですね。
でも どんな意味があっても 大切な人には生きていてほしいな・・

投稿: ゆな | 2008年5月 7日 (水) 22:49

今思うことは、命って今私たちが生きてる
この世界だけじゃないって思ってるの!
姿も形もないだけのこと! 子供っぽい考え方かもしれないけど
違う空間に必ずいるの! だから残されてしまった
私たちは 今まで自分の前にいたのに!て
ものすごく悲しいけど いつか 自分も形がなくなった時 必ず先に行ってしまった大切な人に会えるって信じてるよ! だから何も悪い事していないのに!
何故って?って そんな風には考えたくないの!
人間は、命の終わりって避けられないでしょ!
だから、ただちょっと自分のいるこの場所よりも先に違う場所に行ってる! そんなふうに思っています。
そう思うと残された私たちって ほんのちょっと
気持ちが軽くなるかな!? なんて思います。
じゃないと悲しすぎるものね!!

投稿: 梨里母 | 2008年5月 8日 (木) 01:42

こんにちは!
アルゴ・・・行きたい・・・でもまだわからないのでギリギリまで待って、行けるようなら行きますね!(チケなくなっちゃうかなぁ〜)
結夏ちゃんは見たんだね!私は見ませんでした。だって泣いちゃうし、見ちゃうと色々考えちゃうしね・・・まだ子供達残して死ぬわけにはいかん!だからちゃんと健康診断には行ってますよ!命の事は難しいよね・・・人それぞれ思うことは違うと思うし・・・命には色んな意味があると思うの。産まれてすぐ亡くなってしまう子がいるけどなんの為に産まれきたのかなぁ〜って思わない?亡くなっしまうからパパもママも悲しい思いするよね、でもパパとママに会うため産まれてきたんだと思うの。こんなお顔なんだよって顔を見せる為に、お腹の中で大切に育ててくれてありがとうって伝える為にね。会えてよかった、だから泣かないでねって!お腹の中で亡くなっちゃう子もいるけど、それはママのお腹の中で優しく包まれて幸せな気持のまま、(痛みも何も知らず)に天国に行けるからなんだって。赤ちゃんにとって幸せなことなんだって。途中で病気になった人は、その人だからその病気と戦う事ができるからなんだって。と聞いたことがあります!考えちゃうよね・・・

投稿: たえ | 2008年5月 8日 (木) 10:58

千恵さんは24歳で亡くなられたけれど 私の中学時代の先輩で 千恵さんと同じ24歳で亡くなった人がいます すい臓ガンだったんだけど すい臓ガンは症状が進んでから発見される事の多いガンのようです

その先輩は大学を出て学校の先生になって2年目 で初めて担任としてクラスを受け持った矢先の事でした

私の母方の祖父もすい臓ガンで逝きました

ガンや白血病(血液のガン)については 金八先生の真世ちゃんの先輩達のシリーズの中でも描かれてました

本田さんを襲った白血病は もう10年近く前になるけど K-1に出てた外国人の格闘家の人が 人気も実力も絶頂の時に急性の白血病で急死したという出来事がありました
この時は 白血病というのは 日頃から体を鍛えてる 人並み外れた強い人でもかかってしまうんだな という怖さを感じました

やはり自分に出来る健康管理はするべきだと思います

私はお酒は飲むけど タバコは吸わない派です

タバコといえば 昔は学校の職員室はタバコの煙で空気が濁ってたなぁ
昔の金八先生の中でも職員室の場面では タバコを吸ってる先生多かったな
金八先生は 武田さん自身と同じく "タバコ屋のせがれ"という設定でした

投稿: たか | 2008年5月 8日 (木) 15:48

私も途中からだったけど見たよtv
すご~く落ち込んだのと同時に、私はなんて自由に生きてるんだろうって思った・・・。
千恵さんは闘病生活の間、したくてもできないことがたくさんあったと思うし、言いたくても言えないことがたくさんあったと思うよ。
それに比べて好きなことをやらせてもらっている自分はわがままも言うし、不平不満も言うし・・・。
もう1度自分を見直さなければならないねdespair

投稿: みずき | 2008年5月 8日 (木) 17:57

梨里ちゃんママ
とっても よくわかった。
見えないだけ さわることができないだけで 一緒にいることはできるとおもいました。生きることの 反対が死んでしまうことじゃないのね。
ありがとう・・・

たえさん
検診に行かれているのですね。よかった。
検査する人が増えると 治る確率が高くなるって ママが言っていました。たくさんの人が検査してくれたらいいです。
いろいろ考えると とっても怖くなるけど たえさんも 梨里ちゃんママのいうことも そうなんだ・・・と 思うから かんがえることも大事っておもいました。

たかさん
今度のアルゴのお話も 命についてのお話が入っています。命のお話は難しいけど 生きている間はずっと考えていくことだって思います。

みずきさん
ゆなも こんな時だけ 健康のありがたさを感じるなんて だめだなって思ったけど きっと 自分が病気にならないとわからないこともいっぱいあるんですね。
千恵さんがそういうことを教えてくれたのかなと思います。

投稿: ゆな | 2008年5月 8日 (木) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千恵さん | トップページ | 明日の準備 »